フォトフェイシャル@情報館



フォトフェイシャルが向いた人


従来、光による美容整形はレーザーが主流でしたが、レーザーに
変わる最新の光によるスキンケアとして、フォトフェイシャルに
対する関心が急速に高まっています。従来のレーザーのような、
肌表面の炎症や色素沈着の跡が残るようなことがなく、
しみ・しわ・毛穴・ハリの衰えなどの肌の悩みにより効果的な
スキンケアなのです。

フォトフェイシャルは、顔の皮膚全体に治療を行うのが基本で
あり、1つシミを消すというより、皮膚の質感全体の若返り、
弾力性の向上など、トータルな顔のケアを行いたい人に特に
向いていると言えるでしょう。シミ・そばかすの他、・皮膚の
スキンテクスチャー、毛穴・美白 ・ニキビ跡・毛細血管拡張症状。
このようなものが気になる人にもお勧めです。

フォトフェイシャルの光は、カメラに使用するフラッシュの
ような光から、人体に有害な紫外線や放射線などの短波長を
特殊なフィルムで除去した、560〜1200nmの可視光線と一部の
近赤外線を含んだ広帯域な光が用いられます。出力は安定して
いるので、広い範囲で同じパワーで治療をしていくことが
可能となります。

●ヒアルロン酸注入治療(シワ、たるみ、へこみ)
●ボツリヌス毒素製剤(BTXA)注入治療(表情筋によるシワがある場合)
●I2PL エリプス・フレックス PPT(しみ,くすみ)
●co2,(ほくろ)
●Q-yagレーザー(しみ)・・・。

こうした他の方法と組み合わせることで、より高い効果も期待
できることになります。

[リンク]医療機器メーカーの転職情報について

当サイト人気コンテンツ


   ★ 施術の前の注意点
   ★ 顔の様々な悩みを解消
   ★ ここに気をつけよう
   ★ 病院選びのポイント
   ★ 失敗しないために
   ★ 他の光治療のご紹介