フォトフェイシャル@情報館



フォトフェイシャルの注意点


フォトフェイシャルは、IPL(Intense Pulsed Light)という
光を肌に照射することで、肌の様々なトラブルや老化現象を解消
するものです。シミ・ソバカスの原因となるメラニン色素や、
赤ら顔の原因のヘモグロビンなど、さまざまな色素に効果を発揮し、
顔のあらゆる症状が同時に改善され、肌が若返り、透明感も得る
ことができます。

従来のレーザーによる施術の場合、結構痛みがあり、施術後、
ガーゼや絆創膏を貼る必要があったりしました。これに対し、
フォトフェイシャルは、痛みも少なく、施術の時間も短くて、
施術後、洗顔・メイクが可能です。また、レーザーは、シミや
小じわなど、症状ごとに施術を行わなければいけませんでしたが、
フォトフェイシャルは、すべての症状に一度に対応できます。
医療機関でしか受けることのできないスキンケアです。

★表在性色素沈着
★老人性色素斑
★雀卵斑(そばかす)
★毛細血管拡張症
★赤ら顔
★小じわ(ちりめんじわ)
★肌質の改善。

こうしたものに、特に効果的、とされていますが、詳しくは医院
で相談するとよいでしょう。ただ、妊娠中の人や、肌に何らかの
トラブルがある場合、施術できない場合があります。また、強い
日焼けの後もフォトフェイシャルは施術ができません。

治療が成功しても、紫外線にあたると、病変が再発することも
あるため、術後は必ず日焼け止めクリーム(SPF30以上)を
塗る必要があります。ホワイトニング・クリームの併用もよい
ようです。また、施術後、かさぶたが出ることもありますが、
かさぶたは自分ではがしてはいけません。このような、術後の
ケアで守るべきことも知っておく必要があります。

[リンク]東京都内で調剤事務の仕事を探そう!

当サイト人気コンテンツ


   ★ 施術の前の注意点
   ★ 顔の様々な悩みを解消
   ★ ここに気をつけよう
   ★ 病院選びのポイント
   ★ 失敗しないために
   ★ 他の光治療のご紹介